2021年7月31日 (土)

広告コピーシリーズ「日本料理店」京懐石 京とみ(京都)

 京懐石 京とみ 窓から見える木々の葉が秋雨に濡れて粛々たる翆に沈んでいる。カウンターと小座敷だけのこぢんまりとしたお店であるが、よく手入れの行き届いた庭木や石畳、白壁が美しい瓦屋根の塀などが見下ろせる眺めのいいところである。「借景ですよ」とご主人の富田勝雄さんは苦笑する。ここは祇園のビルの二階、道一つ隔てて円山公園があり、八坂神社の参道口なのだ。一年前に長い間勤めた名門割烹旅館を辞して、ここに...

» 続きを読む

| | | コメント (0)

広告コピーシリーズ「日本料理店」割烹 まえだ(大阪)

割烹 まえだ  頭に被った烏帽子の紐を顎の下できりりと結んで、白い直垂の袖を括り、左手には真魚箸、右手には柄のついた包丁刀を握って斜め前方に突き出す緊迫の一瞬。包丁式のクライマックスを捉えた写真が一枚、さりげなく掲げてある。ご主人の前田富夫さんは四条流の高弟師範なのだ。お店はカウンターとテーブル席だけのこぢんまりした広さで、白木を多用した明るい内装が割烹にふさわしいすがすがしさを感じさせる。二年...

» 続きを読む

| | | コメント (0)

広告コピーシリーズ「日本料理店」日本料理 茂里 船場店

日本料理 茂里 船場店 関西料理とか京料理とは言うが大阪料理という言葉はあまり聞いたことがない。「これといった特徴はいえまへんが、相手さんに合わせるのがこちらの料理、それでいながら飽きの来ないというか、大阪の味やなあと実感できる独特の世界があります」と女将さんの森公環さんは言う。そういえば俗に「食い倒れ」とも言うくらいだから、大阪のひとの食に対する関心には並々ならぬものがあるに違いない。その料理...

» 続きを読む

| | | コメント (0)

2021年7月27日 (火)

広告コピーシリーズ「日本料理店」懐石料理 つきじ田村

懐石料理 つきじ田村 つきじ田村のお正月は「波」で明ける。といっても何のことやらさっぱり分からない。それもそのはず「波」というのはこのたびの歌会始の勅題で、こちらでは毎年そのテーマを拝借して、料理をつくる際のモチーフにしているというのである。波形に盛り付けられたお造りとか、青海波模様の器、波しぶきを模したあしらいなどのように、料理人の想像力を駆使していろいろのところに、しかもさりげなくその主題を...

» 続きを読む

| | | コメント (0)

広告コピーシリーズ「日本料理店」日本料理あしび

日本料理 あしび 濃い色に塗られた梁と柱が直線を構成する美しい模様を描きながら天井まで組み上がっている。古い日本の民家を模したというインテリアは、高層ホテルの中には珍しい拵えに違いない。強い民芸調ではないが、海外からの宿泊客にも旅情を誘うのに十分な情趣がある。十三年前にホテル直営のレストランの一つとしてオープンした当時は全国の郷土料理を提供しようというはっきりしたテーマがあったが、その後自然に懐...

» 続きを読む

| | | コメント (0)

2021年7月22日 (木)

広告コピーシリーズ「日本料理店」割烹 多かぎ

前菜がすばらしい。春を告げる魚、白魚を調味液にほんの数分つけて風干しにして、あぶったものに、菜の花の先を微塵に切ってふりかけた菜種干し。わさびの茎をくらげで巻いた粕漬けは、ほのかな香りと辛さに不思議な歯触りの珍しい酒肴である。卵黄を鰹の塩から、酒盗とあえたソースをかけながら焼いた蛤。竹の子の薄切りを巻いて揚げた海老に、湯葉で束ねた黄味そーめんなどいずれも凝りに凝った佳品と言える。霞町から渋谷に向...

» 続きを読む

| | | コメント (0)

広告コピーシリーズ「寿司店めぐり」6

東京 三ノ輪 かっぱ寿司 三ノ輪の感覚主義   さっきまで生け簀の底で活きていた平目である。四五十センチの天然物で、俎板にのっている野性味溢れる姿がつややかでいかにも美しい。その肌をなでるように腕を小刻みに動かして少しずつ鱗を引く。そして中骨に沿って包丁を入れ丁寧に骨を切り離し・・・やがて、肉厚の薄飴色をした見事な白身が現れる。「新橋で店を開いていた親父が、小学生時分になくなって、母の実家のある浅...

» 続きを読む

| | | コメント (0)

2021年7月21日 (水)

広告コピーシリーズ「寿司店めぐり」5

千葉・市川 寿司会館 林屋 真間の煮蛤 明治七年、市川の海辺に続く松林の中で創業したと言うから、その暖簾はすでに一世紀を超えている。この辺りは、万葉に歌われた美女、真間手児奈の伝説があるように、古くから開けたところである。江戸の頃は裕福な商人が別宅を構えた粋な土地柄で、高い樹木や黒板塀に見越しの松というしっとりと落ち着いた町並みが、往時の風情をほのかに感じさせてくれる。お店は千葉街道から少し入った...

» 続きを読む

| | | コメント (0)

広告コピーシリーズ「寿司店めぐり」4

東京 三ノ輪 かっぱ寿司 三ノ輪の感覚主義 さっきまで生け簀の底で活きていた平目である。四五十センチの天然物で、俎板にのっている野性味溢れる姿がつややかでいかにも美しい。その肌をなでるように腕を小刻みに動かして少しずつ鱗を引く。そして中骨に沿って包丁を入れ丁寧に骨を切り離し・・・やがて、肉厚の薄飴色をした見事な白身が現れる。「新橋で店を開いていた親父が、小学生時分になくなって、母の実家のある浅草...

» 続きを読む

| | | コメント (0)

2021年7月20日 (火)

広告コピーシリーズ「寿司店めぐり」3歌舞伎町 球寿司

東京 歌舞伎町 球寿司 歌舞伎町の良心 新宿大木戸の外、南豊島郡角筈村の一角が、盛り場になったのは、大正の震災後のことである。いったんは昭和二十年四月の空襲で灰燼に帰したにもめげず、地元民が復興協会を組織、歌舞伎劇場菊座を建設してそれを中心に町おこしを図ったのが町名の由来である。結局歌舞伎はやってこなかったが、街は見事に甦った。その見果てぬ夢を追い求めるように、人の世の現身も幻も飲み込む狂おしい...

» 続きを読む

| | | コメント (0)

広告コピーシリーズ「寿司店めぐり」2

東京勝ちどき 鮨 ささ木 鮪ありません 大川端の両岸は、ついこの間まで江戸の名残か、蔵屋敷ならぬ倉庫ばかりが建ち並ぶ殺風景な場所であったが、近頃では水辺の整備も進み、高層中層の住宅ビルがどんどん出来て、印象は一変した。夕涼みがてら筑地からかちどき橋を、川風に当たりながら渡ってすぐの左、煉瓦色の建物の一階にお店はあった。「これは北海道であがったもの。近海の本鮪以外、私は使いません。」と柵にとった切...

» 続きを読む

| | | コメント (0)

2021年7月19日 (月)

「ヒゲタ本膳」取材コピー

2013年に、昔(1994年~98年ごろまで)、書いたコピーを掘り出して載っける「広告コピーシリーズ」をいくつかアップした事があったが、興味のある人はそれほどいまいと思って忘れていた。いまになって、どう言う関心かは不明だが、これがそれなりに読まれている事が分かったので、調子にのってまた続けることにした。前回は、「毎日グラフ」(のちに「アミューズ」)に隔週で掲載したヒゲタ「本膳」の広告で、日...

» 続きを読む

| | | コメント (0)

2021年6月17日 (木)

劇評「斬られの仙太」余波

劇評「斬られの仙太」は、少し書き足りないと思ったが、長くなりそうなので、いい加減なところでアップしてしまった。幕末のイデオロギーをリードした水戸藩の『尊皇攘夷』思想と藩内の天狗党、諸生党の内部対立などの背景について、僕の知る限りのことを記しておこうと思ったのである。もちろん、よけいなお世話でもあるからやめてしまったのであるが・・・・・・。   しばらくして、他の人の劇評はどうなっているか見ている...

» 続きを読む

| | | コメント (0)

2021年6月12日 (土)

Twitter:劇評「キネマの天地」

とりあえず。速報!   夕べ、「キネマの天地」(新国立劇場)を見た。死因がいつの間にか「心臓マヒ」から「青酸カリ」にすり替わっていたミステリー。これでは映画女優たちが性悪のジコチュウのただのバカだ。アガサ・クリスティになり損ねた井上ひさし、高校生並みの習作。いまどき、こんなものをよくも選んだものだ。   タイトル キネマの天地 観劇日 2021年6月11日 劇場 ...

» 続きを読む

| | | コメント (0)

2021年5月29日 (土)

Twitter「東京ゴッドファーザーズ」

とりあえず。 夕べ、新国立劇場「東京ゴッドファーザーズ」を見た。ホームレスが、捨て子の親を探して東京中を走り回る話。混沌と言うより話がいい加減。マンガ。でたらめ。目立ったのは、叫んでばかりいるおかまの松岡君。 おとなの鑑賞に耐える代物じゃない。       タイトル:東京ゴッドファーザーズ観劇日:2021年5月28日劇場:新国立劇場主催:新国立劇場期間:5/12〜5/30作:土屋理敬原作/翻訳...

» 続きを読む

| | | コメント (0)

«劇評「斬られの仙太」